知育全般

【ワンダーボックスの口コミ・評判】5歳が今話題のSTEAM教育を受講!

ワンダーボックス

こんにちは。知育・幼児教育に力を入れている知育大好きママです。

ワンダーボックスを受講し、5歳のむすめが実際に使っているのでレビュー記事を書きました。

 

お得な情報

ワンダーボックスは、紹介コードを使うとお得に入会することができます。

紹介コード:ZXLmeQarTAtN

12ヶ月一括払いの場合に限りますが、紹介コードを使えば1年間5%OFF!

個人情報がわたしに知られることはないので安心してくださいね。

 

\登録1分!紹介コードありで5%OFF!/

ワンダーボックスは今話題のSTEAM教育が自宅で受けられる

ワンダーボックス口コミ

おうちにいながら簡単に良質なSTEAM教育が受けられる!と、知育ママに評判のワンダーボックス。

STEAM教育とは、

  • S:SCIENCE(科学)
  • T:TECHNOLOGY(技術)
  • E:ENGINNERING(工学)
  • A:ART(芸術)
  • M:MATHEMATICS(数学)

この5つの領域を対象とした理数教育に、創造性教育を加えた教育理念です。

 

 

今の子どもたちが大人になる頃には、AIが活躍するようになるといわれていますよね。

そんな時代でも勝ち残っていくためには、STEAMの5つの理解と学びが必要となってきます。

 

しかし、自宅で一からSTEAM教育をしようとすると、準備が大変!

スクールに通うとなると、最低でも7,000円~と安価ではありません。

ワンダーボックスは自宅にキットが届いて、簡単にSTEAM教育が受けられます。

 

楽しく思考力を伸ばす、幼児向けの学習塾「花まる学習会」はご存じですか?

ワンダーラボの代表、川島 慶さんは、花まる学習会で学習指導をされていました。

花まる学習会は思考力や実体験にとても力を入れており、”自立している大人”を育てることを目標にしています。

川島さんは、毎年、算数オリンピックの問題制作にも携わっておられる方です。

 

そんな川島さんが、子どもたちが本来持っている力を引き出せる、そのきっかけになるような教材・体験を届けたいと思って作ったのがこのワンダーボックスという教材。

ワンダーラボが開発した思考力育成アプリ「シンクシンク」の実証実験では、算数の学力テストやIQテストの結果がよくなったというデータもあります。

 

楽しく学べるだけでなく、確かな効果も期待できるワンダーボックス。

親も思わずうなってしまうほどの良問がたくさんありますよ!わたしも子どもも、毎月届くのを楽しみにしています♪

 

ワンダーボックスにお得に入会する方法

ワンダーボックス

ワンダーボックスは、紹介コードを使うとお得に入会することができます。

紹介コード:ZXLmeQarTAtN

登録の際に使用してくださいね。(個人情報がこちらに知られることはありません)

12ヶ月一括払いの場合に限りますが、紹介コードを使えば1年間5%OFF!

ワンダーボックスの受講料は、12ヶ月一括払いの場合、3,700円/月なのですが、お得に入会することができますよ。

 

ワンダーボックスと他社タブレット教材との徹底比較

ワンダーボックス

ワンダーボックスと同様に、4歳から受講できる、他社タブレット教材の内容を比較しました。

 ワンダーボックスRISUきっずすまいるぜみ
対象年齢4~10歳4~5歳4~5歳(年中~年長)
教科STEAM
(科学・技術・工学・芸術・数学)
算数ひらがな・カタカナ・言葉・英語・ちえ・数・時計・形・生活・自然
毎月払い4,200円 3,960円
年一括払い44,000円(3,700円/月)33,000円(2,750円)39,336円(3,278円)
タブレット貸し出しなしありあり(初月10,978円)
タブレット故障時6,600円(送料込)43,780円
(保証なしの場合)
付録・キットありなしなし
お試し期間資料請求で1週間コード入力で1週間キャンペーン期間中のみ2週間
内容学力向上など特定の知識の習得を目的としていない小学校1年生前半までの算数小学校1年生までに身に付けたい全10分野
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

※金額はすべて税込

ワンダーボックスはSTEAM教育のため、先取り教育はできません。

そのため、先取り教育をさせたい場合は他社を受講する必要があります。

 

こちらもCHECK

幼児向け通信教材ランキング
幼児向け通信教材おすすめランキング【2021年版】

続きを見る

 

また、タブレット端末等の貸し出しは行っていないため、自宅にない場合は購入する必要があります。

※iPhone、iPad、Android端末、Amazon端末に対応しています。

 

お得な情報

ワンダーボックスは、紹介コードを使うとお得に入会することができます。

紹介コード:ZXLmeQarTAtN

12ヶ月一括払いの場合に限りますが、紹介コードを使えば1年間5%OFF!

個人情報がこちらに知られることはないので安心してくださいね。

 

\登録1分!紹介コードありで5%OFF!/

ワンダーボックスを申し込む方法

ワンダーボックス

ワンダーボックスは公式サイトからお申込みをします。

郵送などでの申し込みはできないため、公式サイトにて手続きをする必要があります。

>>ワンダーボックスの公式サイトへ行く

 

ワンダーボックスをおすすめするお子さん・ご家庭

おすすめするご家庭

  • 先取り教育よりも、思考力や創造性を育みたい
  • STEAM教育に興味がある
  • デジタル教材とアナログ教材をちょうどよくいいとこどりしたい
  • きょうだいで受講させたい(きょうだい割引あり)

おすすめしないご家庭

  • 学校の進度に沿った学習をさせたい
  • 先取り教育をさせたい
  • 親のフォローなしで学習を進めたい
  • タブレット端末を持っていない

ワンダーボックスは、iPhoneも対応してますが、タブレット端末の方が使いやすいと感じました。

画面の小さい端末だと見にくくて、姿勢も悪くなりがちなので、iPadからの受講がベスト!

 

タブレット教材を使った教材で先取り教育がしたい場合は、RISUきっず(算数特化)か、スマイルゼミ(全教科対応)をおすすめします。

 

お得な情報

ワンダーボックスは、紹介コードを使うとお得に入会することができます。

紹介コード:ZXLmeQarTAtN

12ヶ月一括払いの場合に限りますが、紹介コードを使えば1年間5%OFF!

個人情報がわたしに知られることはないので安心してくださいね。

 

\登録1分!紹介コードありで5%OFF!/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7DDBDC9C-6410-48BA-9232-101B295C6753.png

ワンダーボックスの入会申し込み方法

ワンダーボックスの入会申し込み方法を簡単にまとめました。

 

step
1
公式サイトへ行き、メニューをタップ

ワンダーボックス

右上のメニューをタップし、「お申込みはこちら」をタップする

 

step
2
メールアドレスを入力し手続きを開始する

ワンダーボックス

 

step
3
必要事項を入力する

ワンダーボックス

ワンダーボックス

 

step
4
お子さんの情報を入力する

ワンダーボックス

ごきょうだいで申し込みをされる際はこの画面できょうだいの情報も入力してくださいね。

 

step
5
開始月・支払いプラン・支払方法を入力する

ワンダーボックス

ワンダーボックス

ワンダーボックス

12ヶ月一括払いの場合に限りますが、紹介コードを使えば1年間5%OFF!

この画面で、紹介コード:ZXLmeQarTAtNを入力してくださいね。

 

step
6
登録したメールアドレスにメールが届いているか確認をする

ワンダーボックス

申し込みが完了しました。

ここまで手続きが終わっていれば、さっそくアプリで遊ぶことが出来るので、ダウンロードして楽しんでくださいね!

 

5歳児が実際にワンダーボックスを使ってみた体験談

ワンダーボックス 口コミ

ワンダーボックスに申し込んだらすぐにアプリで遊ぶことが出来ます。

我が家はすぐにアプリをダウンロードして、紙の教材が到着する前に始めました。

大体10種類前後のアプリを使用することが出来ます。

 

5歳のむすめが、アプリ教材とキット教材、それぞれで遊んだので、レビューしていきますね!

 

ワンダーボックスのアプリで遊んだよ

ワンダーボックス

ワンダーボックスのアプリは約10種類。

月によって多少前後することはあるかもしれませんが、多彩なアプリがそろっています。

 

ワンダーボックス

むすめが一番最初にやりたがったのがこちらのジュニアランド内のパオパオアイランドというのミニゲーム。

5種類のゲームが毎月変わるようです。

ジュニアランドは、ワンダーボックスのアプリの中で一番簡単だと感じました♪

 

ワンダーボックス口コミ
こちらはもぐもぐフルーツというゲーム!

みどりのくま?が欲しいと思っている同じ数だけお口に入れてあげます。

ワンダーボックス口コミ

進んでいくと果物が2種類になりました。

果物の種類はゲームを進めていくと、どんどん増えていきます。

 

ワンダーボックス

こちらはロケットたんけん。

どのロケットが惑星に到着できるか考え、到着できるロケットを選択します。

 

ワンダーボックス

おたからアスレチックというゲーム。

右・左どちらに行けば宝箱をゲットできるかな?

プログラミング的思考が養えるミニゲームも搭載されていますよ。

ワンダーボックス

プログラミング的思考が養えると言ったらこちら!

ジュニアランドではなく、「コードアドベンチャー」というゲーム。

コードを組み合わせて動きを生み出すゲームになっています。

進めていくとどんどん複雑なものにレベルアップしていきますよ!

 

ワンダーボックス

こちらはテクロンとひみつのけんきゅうじょというゲーム

星が書かれている容器にどうやったら水を溜めることが出来るか試行錯誤するゲーム。(月によってアイテムは変わります。)

 

ワンダーボックス

右上のキャラクターを押すとヒントが変わるので、難しい場合はヒントを頼っても◎

むすめが試行錯誤する隣で、『私もやりたい・・・楽しそう・・・』とうずうずしていました(笑)

 

ワンダーボックス

むすめがドはまりして、1日に12問の”けんきゅう”をクリアしていました。

 

テクロンとひみつのけんきゅうじょは、けんきゅう・じっけん・かいはつの3コース。

実験は研究での体験をもとに、たくさんのコップに水を溜めて高得点を狙います。

開発は、アイテムを組み合わせていろんな仕組みを作ります。

ただ問題を解くだけでなくて、”自分で作ってみる”というところまで学びの導線があるのが素晴らしいと思いました。

 

ワンダーボックス

1問目はどれも大体簡単なレベル設定になっていると感じましたが、進めれば進めるほど難易度が高くなっていきます。

 

最初から難しいと「できない!」となりがちなむすめ。

何でも自分でやりたい時期なので、”ひとりでできた!”と感じられるレベルでありがたいなと感じました。

そういう経験を幼児期のうちからたくさん積ませることって大切ですよね。

 

ワンダーボックスのキット(紙の教材等)で遊んだよ

ワンダーボックス

今月のキットはひもニンジャ道場。

いわゆる”ひも通し”ですね。

取り組みに合わせて穴に形や色が印刷されているので初めて取り組むお子さんにもわかりやすいと感じました。

 

ワンダーボックス

ひもが4本ついていたのですが、手裏剣のパーツは3枚しかなかったので3本このように用意しました。

冊子がついているので、冊子の通りに順番に進めていきます。

 

ワンダーボックス

アプリと連動しているので、作った作品は写真に撮って投稿することが出来ます。

アナログ教材とデジタル教材が連動しています。

ここがワンダーボックスのいいところですよね。

お友達が作った作品が次々流れてくるので「こんな風に作ってみたい!」と、いい刺激にもなりますよね♪

 

ワンダーボックス

ペタリーと6つのとびらという紙教材。

シールがついているので、キャラクターの言うとおりになるようにシールを貼っていきます。

 

ワンダーボックス

シールを貼って、冷蔵庫を閉めよう!という問題。

むすめは、パズルのようにシールを組み合わせて冷蔵庫の扉が閉まるようにしています。

面白いですよね♪イラストもかわいい!

 

ワンダーボックス

こちらは毎月おなじみのハテニャンのパズルノート。

 

ワンダーボックス

指定された数だけおにぎりの箇所を通って、ゴールしましょうという問題。

迷路は先を見通す力がついていいですよね。

 

ワンダーボックス

ワンダーボックスは専用サイトにアクセスすると、親向けの声掛けなどを見ることが出来ます。

子どもがつまずいているときのヒントが載っているので、お子さんが躓いているときは覗いてみるといいかもしれません。

 

ワンダーボックスはアナログとデジタルのいいとこどり教材!

ワンダーボックスは、アナログとデジタルの2種類の教材に取り組むことができると紹介しました。

幼児にとって、デジタルの教材だけでは立体はイメージしにくい。

アナログの教材があるからこそイメージしやすくなり理解も深まります。

 

ですが、すべてをアナログでそろえようと思うとお金もかかるし収納場所も取りますよね・・・

デジタルのみに偏ることは避けたいですが、ワンダーボックスは両方のいいところを上手に利用している教材だと感じています。

 

ワンダーボックス

先ほどキット教材で紹介したハテニャンのパズルノート。

ハテニャンのパズルノートを進めていくと、「ハテニャンに問題を作って送ってあげよう!」という問題が出てきます。

 

ワンダーボックス

この問題は、”おにぎり4つ”が指定されているので、おにぎりを4つとれるように問題を考えます。

フェイクを作ってもよし!楽しんで作ってくださいね。

翌日にハテニャンからこのようにお手紙が届くのですが、むすめはとても嬉しそうでしたよ♪

問題をよーく理解していないと、問題を作ることはできないので、問題を理解しているかどうかの確認にもなります。

 

ワンダーボックスの年間スケジュール

ワンダーボックス

ワンダーボックスのいいところは始めたいと思った月から始めても問題ないところ!

他社教材の場合、途中から始めてしまうと、ひらがなや足し算など中途半端なところから始まってしまい、ついていけない!なんてことも。

始めたいと思った月からすぐに始められるのは、嬉しいポイントだと感じました。

 

ワンダーボックス悪い口コミは本当なのか検証してみた

ワンダーボックスのネット上の口コミを見てみると、いい口コミの方が多かったですが、悪い口コミは実際に存在しました。

実際に体験してみて悪評は本当なのか、検証しました。

 

 

学校の勉強と連動していない・学校では学ばない領域

国語や算数などの基礎科目は一切学ぶことが出来ません。

読み書きや計算は一切なし。

そのため、ワンダーボックスは他社教材を利用している方や、学校の授業は自宅学習だけで十分という方に向いています。

ただ、学校で習う内容はありませんが、学校では習わないSTEAM教育の教材なので、それだけで価値がある!

2020年度の学習指導要領改訂で、プログラミング教育が取り入れられており、STEAM教育は今とても注目されています。

 

国語や算数など、基礎科目の学習を進めたい場合は、別の教材を検討してくださいね。

おすすめの通信教材を集めた記事を貼っておきますね。

こちらもCHECK

幼児向け通信教材ランキング
幼児向け通信教材おすすめランキング【2021年版】

続きを見る

毎月内容が変わって、気に入っていたアプリがなくなることがある

以前、ワンダーボックスは月が替わって更新すると、過去のアプリができなくなっていたようです。

毎月教材、アプリの内容が変わるのは、飽きなくていい!という意見と、お気に入りのアプリが出来なくなってしまうという2つの意見があったよう。

 

そこで、お気に入りのアプリがなくなってしまって悲しい!という声を反映して、1ヶ月前のものならできるようになりました。

とはいえ、アプリはどんどん入れ替わっていきくので、お気に入りだったアプリもいずれできなくなってしまいますので注意が必要です。

 

新しい内容への更新を先延ばしにすることで、少し長くできるようなので、更新する際はお子さんと相談してから行ってくださいね。

 

アプリが多い、やらないアプリもある ⇔ 教材が多いため飽きずにたくさん取り組める

アプリが多いのはとても嬉しいのですが、よく遊ぶアプリとそうでないアプリ、偏りはあるなと感じています。

全てやらないともったいない!って思ったりもしますが、まずはどのアプリでもいいから取り組むことを目標にするのはどうでしょうか。

まんべんなくやれるように上手に導いてあげられるといいのですが、子供のやる気をそいでしまっては本末転倒・・・

 

やらない理由を聞けるようであれば、聞いて寄り添ってあげるのも◎

親が挑戦して、楽しそうな姿を見せたらやり始めるかも?

ただ単にやり方がわからなかった!という場合もあるかもしれません。(我が家はそのパターンもありました)

 

熱中し過ぎてしまう

ゲーム感覚でどんどん進めていけるので、どこかできりをつけないといけないなぁと感じます。

ワンダーボックスはタイマー機能がついているので、熱中してしまう場合はタイマーを利用するのも手。

 

ワンダーボックス

親がアクセスできるページよりタイマーの設定してくださいね。

例えば、10分経ったら1分休み。1日30分までなど。お子さんと一緒にお約束が作れるのが理想ですね。

 

ワンダーボックス

設定した時間になると、このような画面が出てきます。

休憩時間が終わると、中断した画面から再開できるので、クイズを解きながら目を休めてくださいね。

 

日本小児科医会では子供がメディア漬けにならないように注意喚起をしています。

こういったアプリは、子どもを惹きつけるように作られているので、親が子供を守るしかありません。

 

タブレット端末に内蔵されているタイマーだと、突然前触れもなく鳴って、もうちょっと…となりがちだったので、こちらのタイマーを使って対策をしています。

タブレット端末に入っている他のアプリに目移りしてしまう

ワンダーボックスはiPadでやるアプリなので、他のアプリやネットができてしまうのがデメリット。

ワンダーボックス専用のタブレットではないので、お遊びゲームや動画アプリなどを入れていると遊んでしまうことも。

バランスが難しいところですよね。

他のアプリは削除してしまうか、目が届かないようにフォルダに入れて隠してしまうのも手かなと思います。

お子さんとルールを決めることが出来るのが理想ですね。

 

思考力を鍛える難易度の高い問題が多い・親のフォローは必須

基本的に教材は年齢でわかれていますが、中には大人のわたしからしても難しい問題もあります。

幼児で言うと、紙の教材の場合、ひらがな・カタカナが読めないお子さんにはひらがなを読む必要があったり、親のフォローは必須です。

難しい問題はできなくて当たり前!

最初は誰だってできませんもんね。

わたしからしてもしばらく考えないとわからない問題もあります。

 

小さい子にはちょっと難しい問題も多いですが、少し考えれば子ども一人でできるものも多いですよ。

 

ワンダーボックス

ワンダーボックスは、サイトから親の声掛けのヒントを見ることが出来ます。

いやいややらせてやる気を奪ってしまっては本末転倒ですが、ヒントを与えたらできるかも?!

答えは言わないで、ヒントをあげるのはどうでしょう。

 

市販のドリルなどにはなかなか見かけないような質のいい問題がたくさんありますよ♪

アプリの教材も、ペーパーの教材も、頭で考えさせる良問がたくさんあります。

ワンダーボックスで思考力等を育めば、学力の土台になる力が養えると感じました。

 

料金が高い

ワンダーボックスを作っている「ワンダーラボ」から、シンクシンクという知育アプリが出ています。

そちらと多少内容が似ているので、価格と内容を天秤にかけて迷われる方が多いようです。

シンクシンクは低価格で利用できますが、デジタルのみでゲームの種類は断然少ないです。

我が家は、デジタルとアナログ両方のいいところを利用できるワンダーボックスを選びました。

 

参考までに、タブレット教材の1ヶ月の受講料(12ヶ月一括払いの1か月分の受講料)を載せておきますね。

※リンクをクリックすると、我が家の体験談が読めます。

また、タブレット教材ではありませんが、幼児向けの通信教材の受講料(12ヶ月一括払いの1か月分の受講料)はこちら。

ワンダーボックスはアプリの教材と、きっと教材のダブルなので、少々お値段がたかめ・・・

紹介コードを利用すると5%引きになるので使用してくださいね。紹介コード:ZXLmeQarTAtN

 

こちらもCHECK

幼児向け通信教材ランキング
幼児向け通信教材おすすめランキング【2021年版】

続きを見る

 

キット教材は種類が少なめ?

ワンダーボックス

2020年のキット(ペーパーコンテンツ、トイ教材)は2~3か月に1種類のテーマだったようですが、2021年は大幅に改善しています。

ユーザーの声を反映してくれたのでしょうか。

2021年に入会した我が家はキット教材が少ないとは感じたことがありません。

 

タブレット教材は姿勢や目が悪くなりそう

タブレット端末を使用するから目が悪くなるのではなくて、目から近い距離で作業することが、近視の原因。

読書でも、近い距離で長時間することによって近視を招きます。

 

目が悪くなる原因は、紙であってもタブレット端末であっても、条件は同じで、近い距離で長時間見続けること言えます。

タイマーを設定できるので、長時間画面を見続けないように調整し、正しい姿勢で適切に利用すれば、問題はありません。

 

ワンダーボックスはタイマー機能がついているので、熱中してしまう場合はタイマーを。

わがやはこちらを使用しています。

自宅にタブレットを用意しなくてはならない

我が家のように、既にタブレットあるという家庭にはメリットですが、タブレットの貸し出しがないので、お持ちでない方は購入する必要があります。

スマホ端末からも利用できますが、画面が小さいのであまりおすすめはできません。

 

きょうだいがいる場合はお得!

2人目以降の場合、一人あたり1,850円(税込)の追加料金で利用することが出来ます。

きょうだいがいる場合はお得に利用することが出来ますよ!

 

ワンダーボックスに限ったことではありませんが、タブレット教材はいいところも悪いところもあります。

まだ始まって間もない教材なのに、これだけの評判があるということは、それだけSTEAM教育は注目されているということ。

ワンダーボックスは学校で学習する内容はありませんが、将来に役立つ(非認知能力)を育むことが出来る内容になっています。

 

お得な情報

ワンダーボックスは、紹介コードを使うとお得に入会することができます。

紹介コード:ZXLmeQarTAtN

12ヶ月一括払いの場合に限りますが、紹介コードを使えば1年間5%OFF!

個人情報がわたしに知られることはないので安心してくださいね。

 

\登録1分!紹介コードありで5%OFF!/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7DDBDC9C-6410-48BA-9232-101B295C6753.png

 

まとめ:ワンダーボックスは思考力・想像力を育める教材!

ワンダーボックス 口コミ

ワンダーボックスまとめ

  • 思考力・創造性を育てることができる
  • デジタルとアナログの良いとこどりができる
  • 幼児は親の介入が必要

ワンダーボックスは、他社とは違った面白いタブレット教材!

親のわたしも子どもと一緒に楽しんでいますよ♪

 

お得な情報

ワンダーボックスは、紹介コードを使うとお得に入会することができます。

紹介コード:ZXLmeQarTAtN

12ヶ月一括払いの場合に限りますが、紹介コードを使えば1年間5%OFF!

個人情報がこちらに知られることはないので安心してくださいね。


\登録1分!紹介コードありで5%OFF!/

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7DDBDC9C-6410-48BA-9232-101B295C6753.png

-知育全般
-, ,

© 2021 【アメイジングワールド】知育&幼児教育の口コミブログ Powered by AFFINGER5